飲酒運転でトラブルがあった場合の自動車保険

飲酒運転は、道路交通法でも厳しく処罰される重大な過失ですから、お酒を飲んだ場合は決して運転してはいけません。

人身事故などトラブルの原因になりやすいことからも絶対に避けるべきですが、その補償内容も知っておきたいところです。 自動車保険は悪質な運転によって発生した場合には、保険金が支払われない仕組みになっています。

これを免責事項といい、飲酒運転は典型的なケースとなっています。 結論としては飲酒運転をしていて事故を起こした場合でも、自動車保険は適用されます。

ただし適用される内容は、人身賠償保険と対物賠償保険の2つに限られます。 相手を車でひいて死亡させてしまった、あるいは相手の車に重大な損傷を負わせてしまったなどという場合、飲酒運転であっても自動車保険によって被害者に対して対人や対物に関する賠償をすることは可能です。

これは自動車保険が被害者の救済を第一の目的としていることによるからです。 飲酒運転の場合、自動車保険では加害者に対する補償はありません。

そのため加害者を保証する内容である人身傷害賠償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、車両保険に関しては、保険金は支払われません。 相手が人ではなくコンクリート壁や電柱だった場合、その修復にかかる費用は自動車保険により保障されます。 しかし運転者自身がケガをしても、補償は一切受けることはできません。

飲酒運転をした際に適用される補償内容の詳細に関しては保険会社によって若干異なりますから、事故を起こした時には速やかに連絡してよく確認すべきでしょう。

初めての自動車保険で知っておくべきこと

はじめて自動車保険に加入する際には、いくつか気をつけなければいけないことがあります。 特に注意してほしいのが、補償が受けられる条件をどう設定するかということです。

自動車保険では、ドライバーの年齢などを限定することで保険料をリーズナブルにすることができます。

契約時に設定した条件に当てはまらないと、当然ながら補償を受けることはできないので十分に注意する必要があります。 はじめて自動車保険の契約を交わすときには、車を誰かに貸すことはあるのか、運転するのは誰なのかを明確にして、プランを決定することが大切だと言えるでしょう。 それから、車を何のために使用するのか、どれくらい走るのかによって保険料が割り引きされる場合もあります。

こういったことも正確に伝えておかないと、いざ事故が起きたときに補償が適用されない場合があるので要注意です。

いつから保険が適用されるのか、補償対象となるのはどういった事故なのか、事故を起こしたときにどういったサービスが受けられるのか、付帯サービスにはどんなものがあるのかなど、押さえておきたいポイントはいくつかあります。 契約の際には納得がいくまで内容を確認しておくといいでしょう。

また、自動車保険を契約する際には、運転免許証や車検証を用意しておくことになります。 車検証は車の初度登録年月や型式、ナンバーなどを伝えるときに必要となるので、忘れないようにしましょう。

必要書類が揃わないと手続きがストップしてしまいますので、注意が必要です。