車を売る場所ってどこがいいのか?

初めての場合は特にそうですが、愛車をどこで売ったらいいかと迷うことがあります。 車を買取してくれる業者はたくさんありますし、どこで売っても同じであるように感じるかもしれません。

そこで一つ覚えておきたいのは、車を売るときは、売る目的をはっきりさせることです。 そうすればどこで売ればいいかが分かります。

例えば、新車購入に合わせて売りたいと思うなら、ディーラーで下取に出すという方法で売ることができます。 この方法なら新車購入と売却をセットで行うことができ、その分の手間が節約できて便利です。 一方、新車購入は行わずただ売却するだけなら、買取専門店に売るという方法があります。 買取店のいいところは、ディーラー下取よりも買取金額が高いことです。

 

複数の業者で同時に査定依頼をすればさらにそのメリットは高まりますが、新車購入はせず、ともかく高く売ることを目的にするなら買取専門店が有力です。

このように売る目的をはっきりさせれば、どこで売ったらいいかが分かるようになります。

買取店で売る場合は、その車を得意分野にしている業者に売れば、高く買い取ってもらえる可能性があります。 買取店の中には、特定の車種に強い、またはその車種の取引には慣れているというところがあります。

そういう場合は、その車種に関しては正当な評価額をつけることができるので、他の店より高く売れる可能性が高いのです。 特にカスタム車を売る場合は、一般の買取店では高額査定が出にくいので、なるべく専門店を探してそこで売るようにしなければなりません。

まずはともかく、車を売る目的を確認してみましょう。 それによって売却先が決まります。