下取り車と新車購入の注意点

今乗ってる車を下取に出して新車購入する場合は、ディーラーで下取査定を受けることになるでしょう。 新車の価格から車の売却代金を値引きしてもらうのが下取ですが、ここでは注意しておかなければならないことがあります。

それは、前もって買取店で査定額を出してもらうことです。 買取店は中古車の売却を専門的に請け負う業者ですが、ここで査定してもらうことによって、自分の車の適正な評価額を知ることができます。

というのも、下取り査定は新車購入と同時なので、実際のどのぐらいの金額で車が売れたのかが分かりづらいのです。 上手に下取調整に利用されるという話もあるため、そこで発生する損を防ぐために、前もって買取専門店で査定を行って適正価格を知っておくのです。

 

このようにしておけば、ディーラーでの下取査定が適正かどうか見抜くことができますし、買取店での高額査定を受けたのであれば、その値段を引っ提げてディーラーと交渉を行うこともできます。 何もしなければ下取で安く買い叩かれてしまうかもしれませんが、こうした工夫をすることによって下取査定を有利に導くことができます。

ただし、買取店で査定を受けるときは一つ注意が必要です。 それは、なるべくたくさんお業者から査定を受けることです。 こうすれば業者と業者の競合により査定額アップを期待することができるので、、ディーラーにおける交渉のカードを強くすることができます。

複数の買取業者への査定依頼は、ネットの無料一括見積サービスを利用すれば簡単にできるので、ぜひとも利用しましょう。