車庫証明はどうやって取得する?流れと注意点

車を購入したら保管場所を確保しなければなりません。

そして保管場所を確保したことを証明する必要がありますが、その証明のことを車庫証明といいます。

地域によって、また車によって車庫証明が必要でない場合もありますが、概ね車を購入する場合はこの車庫証明手続きが必要となります。

車庫証明の申請手続きと交付までの大まかな流れは次の通りです。

まず、最寄りの警察署に出かけて窓口で申請書類を受け取ります。

そして書類の必要箇所に記入を行い再び窓口に提出します。

書類が承認されたら、再び書類を受け取って、申請書に貼り付けるための証紙を購入して貼り付けます。

証紙を貼り付けた申請書を再度提出したら、手続きはそれで完了です。

あとは交付予定日を確認しておき、その日がになったら書類を受け取るだけです。

これが手続きの大まかな流れになります。

シンプルな手続きの流れですが、注意点もあるのでそこを抑えておきましょう。

例えば、印鑑を必ず持参する必要があることや、書類は一枚だけでなく数枚あること、また車庫証明は書類の提出日に取得できない点もあります。

特に覚えておきたいのは、申請してから交付までの数日から一週間の時間がかかるということです。

申請したその日に交付されるわけではないので、その点を考慮して車購入のスケジュールを立てておくといいでしょう。

例えば、車庫証明の申請書類を提出して待機している間に、車購入のための名義変更や住所変更手続きをすませておくことができるでしょう。